院長ブログ

院長ブログ

埋没式二重術(スーパークロスリンク法)

23才女性の埋没法による重瞼術の症例です。

埋没法による二重の手術はそのお手軽さから最も広く普及している美容整形手術の一つです。
メスを使わないのでほとんど傷跡が残らないこと、腫れが少なくダウンタイムの短いことがメリットです。

一方で埋没法は切開法に比べて二重の固定力に劣り、時間の経過とともに二重のラインが薄れ場合によっては消失してしまうことがあるのがデメリットです。
当院ではこの欠点をできるだけ少なくした連続式埋没法(クロスリンク法およびスーパークロスリンク法)も行っております。
スーパークロスリンク法は3本の糸をチェーンのようにつなげて皮下に埋没する方法で目頭から目尻までクッキリとした取れにくいラインを作れるのが特徴です。

取れにくい方法というと腫れも大きいのかと思われるかもしれませんが、この患者様のように目立つ腫れは1週間ほどで落ち着き1ヶ月後には希望通りの幅に完成しますので通常の埋没法と腫れ方はそんなに変わりません。


2021.10.08

院長ブログ

0120-59-1010
10:00~19:00(日祝定休)
オンライン予約 お問い合わせ